タイエリ峡谷
ニュージーランドの歴史を今に伝える鉄道の旅
* 19世紀の土木技術の結晶
* 1879年?1891年に敷設
* 高架橋多数、錬鉄製の構造物としては南半球 最大の大鉄橋も
* トンネル10ヵ所
* 車内放送でご案内(英語)
* 写真ストップ

タイエリ峡谷鉄道はダニーデンでも特に人気の高い観光アトラクションとして、多数の賞を獲得しています。にぎやかなダニーデンの中心街を後にして、セントラル・オタゴの険しい谷の奥へ。天候を問わずお楽しみいただけるアクティビティです。

市街地を抜け、牧草地を進み、森林そしてタイエリ峡谷へ。快適な車内でゆったりと寛いでいる間に、変化に富んだ風景が車窓を流れて行きます。

石材や錬鉄で造られた高架橋を渡るときは、吸い込まれそうなほど深い谷と真下に流れる川の眺めに、思わず息をのむことでしょう。

列車がやっと通れるくらいのトンネルの表面は、ごつごつとした片岩がむき出しになっています。

写真ストップの時は列車から下りていただくこともできます。 (ただし、天候や時間帯、運行状況により停止できない場合もありますので、予めご了承ください。)

タイエリ峡谷鉄道では、ダニーデン=パーマストン間を結ぶ路線、シーサイダーも運行しています。(限定日のみ)太平洋のすばらしい海岸線を走り、レイルロード・トゥ・ゴールド・ツアーに接続すれば、オタゴ地方を一周することができます。

客車は暖房完備で冬も暖かです。一部に使用 しているビンテージ車両は主に1920年代に製造された客車で、木の温もりのある昔ながらの内装が魅力的です。窓は開閉可能で、通路を挟んで一方に1人掛け、他方に2人掛けの座席が並んでいます。背もたれを動かして向きを変えることもできます。また、エアコン付きのパノラマ車両が連結されている場合もあります。こちらは横長のガラス窓とダイニングテーブルがあり、小人数グループでの利用に最適です。列車を牽引するのは、1960年代の三菱重工製DJ型電気式ディーゼル機関車です。

走行中は係が車内放送でご案内します。(英語のみ)

その他、記念品や軽食、飲み物(コーヒー、紅茶、ビール、ワインなど)の販売も車中にて行っています。お買い物には主要クレジットカードをご利用いただけます。(エフトポス可、酒類のお持ち込みはお断りしております)

車いすをご利用の方は、ご予約時にその旨お知らせください。お手洗いは車内にございます。タイエリ峡谷鉄道はダニーデン発着ですが、途中のウィンガトゥイ駅での乗り降りも可能です。ダニーデンの駅前には有料駐車場があります。

タイエリ峡谷鉄道、シーサイダーとも片道料金の設定もございます。貸し切り列車やケータリング、大規模グループ用の臨時列車(午前のみ)についてもご相談ください。


住所: Dunedin Railway Station, Anzac Avenue Dunedin, NEW ZEALAND
電話:

+64 3 477-4449

ファックス: +64 3 477-4953
英文ウェブサイト: www.taieri.co.nz
E-Mail: reserve@taieri.co.nz